読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無能の人

日本語がおかしいし、話題も良く飛ぶし、全体的に頭の悪そうなブログですアイドル、アイドル、アイドル

レイちゃんが空港写真で持ってたあの本です


二つ前の記事のタイトルに変身って書いてあるけど、あれカイくんの事じゃなくて小説の変身のこと書こうと思ってたのにカイくんへの想いを綴ったら満足しちゃってすっかり書くのを忘れてたというオチ


なので今回改めて……!


広島公演の時、帰りの深夜バスまでめっちゃ時間あったもんで本屋さんであの話題の(?)本買ったんですよ。普段本読まないのに。


東野圭吾の変身


↓↓↓↓本のネタバレ炸裂する予感↓↓↓↓





広島のちょっと前にレイちゃんが中国語版の変身を空港で読んでる写真が上がっていて、彼が読破したかどうかはわからないけれど同じ物を読みたいというファン心から普段手に取る事のない小説を選びました。それぐらい小説読みません。漫画大好きです。


読んだ事ある東野圭吾作品、容疑者xの献身ぐらいです。手紙も白夜行も新参者も読んだことのない生粋の東野圭吾知らず。

この文章力からもわかるように普段から活字とかけ離れた生活を送っています。


そんな人間なので、時間があったにも関わらず広島では読まず。

やっとこさ本を開いたのは福岡公演の帰りの福岡空港でした。


ひとこと感想を述べるとしたらこれだけ




もう読みたくない!!!!!





読み終わったのは成田行きの機内だったのですが、隣の人が不審そうな顔をするぐらい

号泣

感動とかじゃなくて、こんな悲惨な話があって良いのだろうかという辛さからの涙

ほらもう書いてるだけで思い出し辛いが襲いかかってきます……



あの小説は何ジャンルなんでしょうか

サスペンス?恋愛?SF?

ネット上に散らばる感想は本当に様々です。

私は恋愛物として読みましたが、一体あれを読み終わったレイさんは何を思ったんだろう。


主人公の恋人に感情移入し過ぎてこちとらもう過呼吸になる思ったわ……ってぐらい辛かったんですけど、これ読んだレイちゃんは泣いたかなぁ、それとも主人公への愛には特に着目はせず殺人犯に乗っ取られる意識への恐怖に重きを置いて読んだかなって色々考えました。

途中までしか読んでないかもしれないし、考えた所で答えを知る術は無いんですけれど、もしかしたらレイちゃんと同じものを見て同じ感情になれたのなら嬉しいな〜〜という話です。ただそれだけのつまらん話。


あ〜〜泣けたな〜〜

でもアレは、ハッピーエンドとは思えませんでした。可哀想、みんな可哀想。

でも殺人犯の妹、かなり役立たずでハッピーな野郎で頭おめでてぇなって感じでした。特に賠償とかも無いようだし。めんどくさい兄貴は勝手に死んでくれたし。兄貴に撃たれた被害者に兄貴の面影感じたかなんか知らんけどどうこうなろうとするおこがましさ凄いわ。(唐突な愚痴)